心のシェイプアップ 365日

アクセスカウンタ

zoom RSS 「私は<悲しみ>を感じるままにして 歓びのために心を開きます」

<<   作成日時 : 2006/08/01 22:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

できることなら悲しみや苦しみに触れることなく生きていきたいものだと誰もが思いますよね。でもこの<悲しみ>や<苦しみ>にはちゃんとしたお役目があるんですよね。私達をきれいにしてくれる役目とでも言うんでしょうか。涙を流すのにもいろんなシチュエーションがありますが、泣くことは私達を浄化してくれるようです。気が済むまで泣いたら、すっきりすることってありませんか?

私も次の日、仕事に行けないくらい泣いたことがありますが、オイオイ泣きながら頭の隅で「浄化されているんだ…」と分析している自分がいたりして、急におかしくなってきたりもします。もし、声を出せるんであれば子供のようにビィビィ泣いてみるのもいいかも知れません。ある出来事がきっかけとなってくれて、溜めていた感情を涙と共に解放してくれることもあります。

先週土曜日の『世界一受けたい授業』で医学博士の吉野槇一先生が『号泣パワーで脳内リセット』というテーマでお話をされていましたね。涙には目にゴミが入るなどの生理的涙と感覚による感情的涙の2種類あるそうです(昔ワンダーゾーンというTV番組では3種類と言ってましたが…)。特に感情的涙にはストレスを取り除く働きがあり、コルチゾールというストレスを無くそうと働くホルモンの一種を増加させるのだそうです。

ですから、ストレスが溜まっているのに泣いたりせずに我慢していると心疾患になったりする確立が高いということです。特に男性は人前で泣くことは恥…と言われて育った方も多く、女性よりも感情を表現するのが不得意かも知れませんね。夫に先立たれた妻の方が長生きをするという統計的な数字が出ているのも、女性のほうが感情の表現が素直でストレス発散法をよく知っているということかもしれませんね。

とにかく、泣きたい時には思いっきり涙してみましょう。部屋を暗くしたり、涙を誘う音楽をかけたり…そして思う存分泣いた後は、なんだかスッキリとして泣けることがありがたい…と思えたりしますよ。そして、泣ける歓びへと変わるのです。

「私は<悲しみ>を感じるままにして 歓びのために心を開きます」


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。『世界一受けたい・・』見ました。『蛍の墓』で、涙ポロポロ。ちなみに、主人は、『南極物語』がダメみたい。泣くと、スッキリ。だけど目が腫れる〰。
久美
2006/08/02 10:39
久美さん、こんにちは。
やっぱり人情物や動物が出てくるものとか、子供が出てくる『はじめてのおつかい』などもダメですね。可哀想で涙するより、できれば感動で涙したいものです。。。私はまったく泣くところではないところでも泣いてしまいます。(妙なところに感動するのです)

目の腫れですが、下を向いて泣かないことと腫れたら冷やす・温めるを交互にやると良いみたいです。
ではでは…
沙季
2006/08/02 22:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
「私は<悲しみ>を感じるままにして 歓びのために心を開きます」 心のシェイプアップ 365日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる